カンランウミウシ Polybranchia orientalis (Kelaart, 1858)

カンランウミウシ Polybranchia orientalis
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島中部(東海岸)>天願(昆布)
Date
2007/05/31
Size
40mm
Depth
3.0m
Water temperature
24.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋、南太平洋

体地色は半透明の茶褐色や白色。
背側突起は木の葉のように幅広く、平べったい。背側突起の中に中腸腺が透けて見える。
体地色が茶褐色のものは体表全体に赤色や茶色の細点が入る。
体地色が半透明の白色のものは白色の細点が入る。
触角は筒状で中程から二叉する。
70mmに達する。

観察地:南アフリカ、タンザニア、紅海、オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、グアム、日本、サモア、ハワイ
References


 style="