ソウゲンウミウシ Sohgenia palauensis Hamatani, 1991

ソウゲンウミウシ Sohgenia palauensis
Photographed by
KIMOTO Nobuhiko
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>バトゥニティ
Date
2018/01/12
Size
10mm
Depth
16.0m
Water temperature
28.0℃

特徴

体は透明で、緑色の内臓嚢が透けて見える。
背面全体に乳白色の細点が密に入る。
背側突起は扁平で大きい。色は透明で、乳白色と褐色の細点が入る。
触角は根元近くから二分岐する。色は褐色で白色の細点が入る。
口触手を欠く。
体長15mmに達する。

分布

タンザニア、パプアニューギニア、グアム、日本、パラオ

種小名

パラオにて採集されたことに因む

和名

海洋バイオテクノロジー研究所の「蒼玄丸」でパラオでの採集をしたことから献名された
References