ゴシキミノウミウシ Trinchesia diversicolor (Baba, 1975)

ゴシキミノウミウシ Trinchesia diversicolor
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>門下
Date
2015/02/04
Size
10mm
Depth
10.0m
Water temperature
14.3℃

特徴

体地色は半透明の黄白色。
背面には水色の雲状班が入り、体表全体に黄色の斑紋が散在する。
背側突起は透明で、暗緑色の中腸腺が透けて見える。
背側突起はそれほど長くなく、後方に寝る。先端付近から橙色と青色の輪がある。
触角と口触手は平滑。色は半透明の赤色で、先端に行くほど色が濃くなる。黄白色の小班が入る。
20mmに達する。

分布

パプアニューギニア、日本、香港

和名

Baba, K. 1975a にて提唱された。
Baba, K. 1975a. Description of Trinchesia diversicolor spec. nov. from the Japan Sea coast of Middle Japan (Nudibranchia: Eolidoidea: Cuthonidae). Veliger 17(3):251-254.[N]
Baba, K. 1975a. Description of Trinchesia diversicolor spec. nov. from the Japan Sea coast of Middle Japan (Nudibranchia: Eolidoidea: Cuthonidae). Veliger 17(3):251-254.[N]

References


 style="