コンニャクウミコチョウ Sagaminopteron nigropunctatum Carlson & Hoff, 1973

コンニャクウミコチョウ Sagaminopteron nigropunctatum
Photographed by
鎌田 陽介
Location
日本>沖縄>宮古島>ウミウシ御殿
Date
2018/06/10
Size
10mm
Depth
10.0m
Water temperature
26.5℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は半透明の灰色から薄桃色。
体表には白色の点が散在する。この白点の部分は僅かに盛り上がる。
体地色が灰色のものは黒色の点が入るものも見られる。
頭楯の突起縁と側足縁、内臓嚢後部の突起縁は橙色になる。
同色のカイメンをホストとする。
13mmに達する。

観察地:タンザニア、レユニオン島、フィジー、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、日本、パラオ、グアム
Carlson, C.H. & Hoff, P.J. (1973). Two new species of Gastropteridae from Guam, Marianas Islands (Opisthobranchia: Cephalaspidea). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 21(2): 141-151
Carlson, C.H. & Hoff, P.J. (1973). Two new species of Gastropteridae from Guam, Marianas Islands (Opisthobranchia: Cephalaspidea). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 21(2): 141-151

References


 style="