マダラウミフクロウ Euselenops luniceps (Cuvier, 1817)

マダラウミフクロウ Euselenops luniceps
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
インドネシア>コモド>リンチャ島>トルペード・アレイ
Date
2014/09/08
Size
120mm
Depth
15.0m
Water temperature
26.5℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は茶褐色から灰褐色。
体表全体に黒色の不定形な斑紋が入る。
外套膜の後端に水管がある。
口幕が大きく発達し、前縁には感覚器官の役目をする小突起が集中する。
触角は基部が半透明の白色。中間付近に黒色の色帯があり、先端は白色になる。
砂地に棲み、夜行性で日中は砂に潜る。
70mmに達する。

観察地:南アフリカ、タンザニア、オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本、ハワイ
References


 style="