ヒミツナメクジ Aiteng mysticus Neusser, H. Fukuda, Jörger, Kano & Schrödl, 2011

ヒミツナメクジ Aiteng mysticus
Photographed by
soma
Location
日本>沖縄>宮古島
Date
2020/03/13
Size
3mm
Depth
??m
Water temperature
??℃

特徴

ナメクジのような形をしており,頭側の触手やその他の体節を持たない
背中の表面は多量の粘液で光沢がある。
背中の外套膜は淡褐色から紫褐色。
頭部は短い丸い膨らみが1対あり、後側方の角には明瞭な黒目がある。
中央には、前脚のすぐ後ろの部分から足の後端までの不明瞭な縦溝がある。
足は単純で丸い。
足の側面は色素のない淡いベージュ色。
1個体で自切の可能性が観察された。

分布

日本(琉球諸島)

種小名

発見時につけられた「ヒミツナメクジ」という和名に因む

補足

Aiteng属はスナウミウシ目という海産分類群に属し、殻を失った裸の状態で陸に上がった、「陸ウミウシ」であるとされた。
References