ムカデミノウミウシ Pteraeolidia semperi (Bergh, 1870)

ムカデミノウミウシ Pteraeolidia semperi
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>乙千代ヶ浜
Date
2018/10/10
Size
30mm
Depth
8.0m
Water temperature
26.0℃

特徴

体地色は半透明の褐色から半透明の紫色など変異に富む。
体は非常に細長い。
背面正中線上に水色の縦線が入るものも見られる。
背側突起の各群は扇状に並ぶ。基部が黄白色になるものも見られる。
背側突起の色は青色から褐色まで変異に富む。
頭部に黄白色の色帯が入る。
触角は体地色と同じ色で、先端が紫色になる。
口触手は長いムチ状。途中に紫色の輪が並ぶ。
バリエーションが多く、隠蔽種が含まれている可能性がある。
190mmに達する。

分布

インドネシア、フィリピン、グアム、日本

補足

学名はPteraeolidia ianthinaとされていたが、これはオーストラリアの固有種とされた
References


 style="