ベニヤカタガイ Aplustrum amplustre (Linnaeus, 1758)

ベニヤカタガイ Aplustrum amplustre
Photographed by
SEKY
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>アイガエ
Date
Size
20mm
Depth
3.0m
Water temperature
??℃
分布:中部太平洋、インド洋、西太平洋

軟体部はは半透明の白色。
貝殻は象牙色で、幅の広い薄紅色の螺帯が2本入る。
象牙色と薄紅色の境には黒色の線が入る。
軟体部の周縁は白色で縁取られる。
本種は軟体部を殻の中に格納することができる。
学名読みはアプルストリゥム・アンプルストレ。
殻長15mmに達する。

観察地:グアム、ハワイ、南アフリカ、マダガスカル、タンザニア、日本


 style="