センテンイロウミウシ Hypselodoris decorata (Risbec, 1928)

センテンイロウミウシ Hypselodoris decorata
Photographed by
Shuichi Ogura(likkle more)
Location
日本>薩南諸島>奄美大島>ピアテグリ
Date
2019/03/10
Size
??mm
Depth
10.0m
Water temperature
20.0℃

特徴

Hypselodoris_maculosaと酷似しているが、触角の色帯が3本ある点が異なる
体の前後に白と紫色の細点がある

分布

ニューカレドニア、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア、バヌアツ、マーシャル諸島

和名

背面に細線と細点多数とがあることによると 日本産アオウミウシ属の新種・稀産種・未記録種等 4 種の記載 にて提唱された
「奄美大島北部海域における後鰓類相の調査報告」にてシロウネイロウミウシと命名されたが、Baba, 1994 には触角の色帯が3本ある点が描かれているので本種がセンテンイロウミウシとなる

補足

日本のウミウシ 第二版 でシロウネイロウミウシの学名が Hypselodoris yarae とされているがこれは誤同定。 H. yaraeは頭部及び尾部に白点がない。
Epstein, H. E.; Hallas, J. M.; Johnson, R. F.; Lopez, A.; Gosliner, T. M. (2018). Reading between the lines: revealing cryptic species diversity and colour patterns in Hypselodoris nudibranchs (Mollusca: Heterobranchia: Chromodorididae). Zoological Journal of the Linnean Society. 2018, XX, 1–74.
Epstein, H. E.; Hallas, J. M.; Johnson, R. F.; Lopez, A.; Gosliner, T. M. (2018). Reading between the lines: revealing cryptic species diversity and colour patterns in Hypselodoris nudibranchs (Mollusca: Heterobranchia: Chromodorididae). Zoological Journal of the Linnean Society. 2018, XX, 1–74.

日本産アオウミウシ属の新種・稀産種・未記録種等 4 種の記載
日本産アオウミウシ属の新種・稀産種・未記録種等 4 種の記載

References