アデヤカミノウミウシ Coryphellina exoptata (Gosliner & Willan, 1991)

アデヤカミノウミウシ Coryphellina exoptata
Photographed by
nobuhiko Nobuhiko Kimoto
Location
フィリピン>ビサヤ諸島>マラパスクア島>ガトアイランド
Date
2017/10/03
Size
20mm
Depth
12.0m
Water temperature
30.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は半透明の赤紫色。
背側突起は基部が赤紫色、中ほどが紫色、半分から先が白色になる。
触角は赤橙色で後方に褶葉がある。
口触手は触角よりも長く、細い。色は基部が赤紫色、中ほどが紫色、半分から先が白色になる。
前足隅は短く中央部に紫色の色帯が入る。
30mmに達する。

観察地:南アフリカ、リユニオン島、アルダブラ環礁、クリスマス島、マレーシア、オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本、グアム、ハワイ
References