リュウグウウミウシ Roboastra gracilis (Bergh, 1877)

リュウグウウミウシ Roboastra gracilis
Photographed by
Kenichi Matano
Location
日本>紀伊半島>南紀串本>備前
Date
2019/08/07
Size
7mm
Depth
16.0m
Water temperature
26.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

背面は黒色でオレンジ色の縦線が密に入る。地域により黄色の縦線が入るものも見られる。
触角、二次鰓、口触手は半透明の藍色。
イシガキリュウグウウミウシに似るが、本種は体が細く、小さい。(種小名は細長いという意味)
また、二次鰓の軸に背面の模様が入らない事で区別できる。
30mmに達する。

観察地:南アフリカ、モザンビーク、サウジアラビア、モルディブ、タイ、マレーシア、オーストラリア、パプアニューギニア、フィジー、ソロモン諸島、インドネシア、フィリピン、パラオ、日本、ハワイ
References