キヌハダウミウシ Gymnodoris inornata (Bergh, 1880)

キヌハダウミウシ Gymnodoris inornata
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>グロンボン
Date
2018/11/09
Size
15mm
Depth
25.0m
Water temperature
29.0℃

特徴

体地色は白色、黄色、橙色と様々。
体表には体地色よりも濃色の小突起が散在する。
触角の色は体地色と同じ。
二次鰓の色も体地色と同じで、肛門を中心にほぼ円形。体の中央より後方に位置する。
クロシタナシウミウシ、ダイダイウミウシ、ホソスジイロウミウシなど、他の後鰓類を食す。
60mmに達する。

分布

南アフリカ、モザンビーク、タンザニア、スーダン、紅海、ニューカレドニア、インドネシア、フィリピン、香港、日本、ハワイ

和名

日本産裸鰓類の研究 (1)にて提唱された
References


 style="