センヒメウミウシ Aegires villosus Farran, 1905

分布:インド洋、西太平洋、南太平洋

体地色は乳白色。
背面には赤紫色や橙色から黄色の斑紋や縦線がある。
体表には先端が膨らんだ棒状の突起があり、先端は赤紫色や橙色から黄色になる。
触角は棒状で長く、色は背側突起と同様。
12mmに達する。

観察地:タンザニア、スリランカ、オーストラリア、ニューカレドニア、パプアニューギニア、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、日本、サモア
References