ツヅレウミウシ Tayuva lilacina (Gould, 1852)

ツヅレウミウシ Tayuva lilacina
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>湾内
Date
2014/10/27
Size
15mm
Depth
4.0m
Water temperature
21.7℃

特徴

体地色は灰白色から淡褐色。
背面全体に微細な突起が密に入る。
また、背面全体に褐色から暗褐色の大小さまざまなシミ状の斑紋が入る。
触角と二次鰓は体地色より暗色。
転石下で見られる。
80mmに達するとされる。

分布

インド洋、西太平洋、中部太平洋

補足

Discodoris concinna は異名
シミツキウミウシはツヅレウミウシと同種とされた
オオツヅレウミウシ Sebadoris fragilis の若い個体との見極めは困難で、腹面を見る必要がある
Dayrat B. 2010. A monographic revision of discodorid sea slugs (Gastropoda, Opisthobranchia, Nudibranchia, Doridina). Proceedings of the California Academy of Sciences, Series 4, vol. 61, suppl. I, 1-403, 382 figs.
Dayrat B. 2010. A monographic revision of discodorid sea slugs (Gastropoda, Opisthobranchia, Nudibranchia, Doridina). Proceedings of the California Academy of Sciences, Series 4, vol. 61, suppl. I, 1-403, 382 figs.

References


 style="