キイロウミコチョウ Siphopteron flavum (Tokita & Baba, 1964)

キイロウミコチョウ Siphopteron flavum
Photographed by
今川郁
Location
日本>湘南>葉山>権太郎岩
Date
2014/06/10
Size
4mm
Depth
7.0m
Water temperature
20.0℃
分布:太平洋中央部および日本近海

体地色は鮮やかな黄色で全体に非常に小さい白色の斑紋が散在する。
頭楯後部と内臓嚢後部の突起は黒褐色。
内臓嚢と側足が橙色になるものも見られる。
内臓嚢後部の突起は短く先端は丸い。
側足を使って遊泳する。6mmに達する。

和名は、Tokioka T. & Baba K. 1964 にて提唱された。
Tokioka T. & Baba K. 1964 Four new species and a new genus of the family Gastropteridae from Japan (Gastropoda : Opisthobranchia). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 12(3): 201-229
Tokioka T. & Baba K. 1964 Four new species and a new genus of the family Gastropteridae from Japan (Gastropoda : Opisthobranchia). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 12(3): 201-229

References


 style="