シラライロウミウシ Goniobranchus tumuliferus (Collingwood, 1881)

シラライロウミウシ Goniobranchus tumuliferus
Photographed by
KIMOTO Nobuhiko
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>湾内
Date
2020/12/02
Size
10mm
Depth
10.0m
Water temperature
19.0℃
分布:西太平洋、南太平洋

体地色は半透明の白色。
外套膜最外周のやや内側に黄色の斑紋が連なって入る。
背面には紫色の斑紋が散在する。
触角と二次鰓は白色。
シララは紀伊半島の白良から命名された。
Glossodoris shirarae Baba, 1953 は異名。
40mmに達するとされる。

観察地:オーストラリア、フィリピン、ニューカレドニア、日本

和名は、Baba, K. 1953. Three new species and two new records of the genus Glossodoris from Japan. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory 3(2):205-211. にて提唱された。
Baba, K. 1953. Three new species and two new records of the genus Glossodoris from Japan. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory 3(2):205-211.
Baba, K. 1953. Three new species and two new records of the genus Glossodoris from Japan. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory 3(2):205-211.

References


ダイビングショップ ウミウシハンターズ

広告掲載に関するお問い合わせはこちら

新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック) (日本語) Nudibranch & Sea Slug Identification - Indo-pacific