キイロウミウシ Doriprismatica atromarginata (Cuvier, 1804)

キイロウミウシ Doriprismatica atromarginata
Photographed by
akihito iwakiri(oasis)
Location
フィリピン>ヴィサヤ諸島>パミラカン島>サウスウォール
Date
2019/11/10
Size
30mm
Depth
10.0m
Water temperature
29.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は白色から黄白色。
外套無く周縁は細かく波打ち、黒色の細線で縁取られる。
背面が褐色を帯びるものも見られる。
触角は軸の色が体地色と同じで褶葉が黒色。褶葉の後方に体地色と同じ色の縦線がある。
二次鰓の色は体地色と同じで鰓葉の縁が黒色になる。
100mmに達するとされる。

観察地:南アフリカ、紅海、マレーシア、オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本、ソシエテ諸島、マーシャル諸島、ハワイ
References