アカボシツバメガイ Biuve fulvipunctata (Baba, 1938)

アカボシツバメガイ Biuve fulvipunctata
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>石切(安和)
Date
2018/04/03
Size
10mm
Depth
5.0m
Water temperature
22.0℃

特徴


体地色は黒色から褐色。
背面全体に白色から黄白色の細点や朱赤色の斑紋が入るが、このどちらかを欠くものも見られる。
頭部には白色から黄白色でアルファベットのWに似た斑紋が入り、この左右端に朱赤色の斑紋が入るが、これを欠くものも見られる。
外套楯の後端は二叉し、通常は左側が伸長する。
模式産地は日本の紀伊。
30mmに達する。

分布

西太平洋、インド洋

種小名

頭部のWより命名された。

補足

Chelidonura属からBiuve属へ移された。
References



Copyright ©  2020  世界のウミウシ All Rights Reserved. 当サイトに掲載されている画像・その他の無断転載・転用を固く禁じます。