ツツイシミノウミウシ Babakina indopacifica Gosliner, Gonzalez-Duarte & Cervera, 2007

ツツイシミノウミウシ Babakina indopacifica
Photographed by
Hiroko Horibe
Location
日本>紀伊半島>南紀串本>備前
Date
2019/01/12
Size
5mm
Depth
13.0m
Water temperature
17.0℃

特徴

体色は淡紫色から赤紫色。
頭部と心嚢域は白い。
背側突起は短く、密生する。突起の先端よりやや下側に体色と同じ色の輪がある。
触角は大きく丸く膨らむ。左右の触角が相接するように立ち上がる。
体長18mmに達する。

分布

インド洋、西太平洋、中部太平洋

和名

日本初記録の新潟県青梅町筒石に因む。

補足

Babakina festiva (Roller, 1972) とされてきたが、2007年に別種とされた。
References