シラタマウミコチョウ Siphopteron makisig Ong & Gosliner, 2017

シラタマウミコチョウ Siphopteron makisig
Photographed by
IMAGAWA 今川郁 [ 3mm 13.0m 2008/05/12 ]
Location
日本>沖縄>本島中部(東海岸)>レッドビーチ
分布:フィリピン、インドネシア、オーストラリア、日本

体地色は白色。
頭楯縁、側足縁、内臓嚢後部の突起が赤色から朱色になる。また、側足縁の一部が黄色になる。
頭楯と側足全体が淡い黄色を帯びるものも見られる。
種小名のmakisigはタガログ語でエレガントという意味。
シフォプテロン・クアドリスピノーサム Siphopteron quadrispinosum は誤同定。
体長5mmに達する。
References