ツノウミウシ Okenia rhinorma Rudman, 2007

ツノウミウシ Okenia rhinorma
Photographed by
水谷京子
Location
日本>薩南諸島>奄美大島>倉崎ビーチ
Date
2018/02/09
Size
10mm
Depth
5.0m
Water temperature
20.0℃
分布:西太平洋、中部太平洋

体地色は半透明の乳白色。
本種は体高が高い。
体表には茶褐色や黒色、橙色などの斑紋が散在するが、この配色や斑紋の入り方には変異がある。
外套膜縁に3対の突起があり、触角と二次鰓を囲むように立ち上がる。
この突起の中程に橙色の輪があるものも見られる。
触角は長い。色は体地色と同じで中間部に茶褐色の斑紋が入る。
二次鰓は黄白色で、茶褐色の斑紋が入るものも見られる。
10mmに達する。

観察地:タンザニア、紅海、インドネシア、日本、ハワイ
References


Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacific