サーシャコヤナギウミウシ Janolus flavoanulatus Pola & Gosliner, 2019

サーシャコヤナギウミウシ Janolus flavoanulatus
Photographed by
KURATA SACHIYO
Location
インドネシア>バリ島>パダンバイ>ジェティ
Date
2018/03/09
Size
30mm
Depth
13.0m
Water temperature
27.0℃

特徴

体地色は半透明の黄白色。
背面には背側突起が密にある。
背側突起の先は紫色で先は尖る。
触角は紫色。触角間の突起は体地色と同じ。
70mmに達する。

学名

flavoanulatus は背側突起の黄色い環に因む

分布

西太平洋

観察地

フィリピン、パプアニューギニア、日本、ソロモン諸島、紅海、インドネシア、バヌアツ、オーストラリア

補足

ヤノルス・サヴィンキンイ Janolus savinkiniと考える研究者もいるが、触角の特徴などが一致しない。
References