ハナヤギウミウシ Antiopella fusca (O'Donoghue, 1924)

ハナヤギウミウシ Antiopella fusca
Photographed by
SEKY
Location
日本>北海道>知床・羅臼>ロウソク岩
Date
Size
45mm
Depth
22.0m
Water temperature
??℃

特徴

体地色は半透明の黄白色。
触角間の瘤状突起から背面の正中線上にかけて橙色の縦線が入る。
尾部正中線上には白色の線がある。
背側突起は透明で、先端が白く、その下に橙色の色帯がある。
褐色の消化腺が透けて見える。

分布

日本、アラスカ、アメリカ

補足

Antiopella属に変更された
Janolus fuscus O'Donoghue, 1924 はシノニム
References
  • Pola M., Hallas J.M. & Gosliner T.M. (2019). Welcome back Janolidae and Antiopella: Improving the understanding of Janolidae and Madrellidae (Cladobranchia, Heterobranchia) with description of four new species. Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research. 57(2): 345-368., available online at https://doi.org/10.1111/jzs.12257
  • ハナヤギウミウシ, 日本のウミウシ, 2018 - 中野 理枝