ツブツブキヌハダウミウシ Gymnodoris tuberculosa Knutson & Gosliner, 2014

ツブツブキヌハダウミウシ Gymnodoris tuberculosa
Photographed by
名谷朋浩
Location
日本>沖縄>石垣島・八重山周辺>ポール脇
Date
2018/02/22
Size
10mm
Depth
6.0m
Water temperature
22.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
背面には白色のイボ状突起がある。
触角の色は体地色と同じで先端が白色になる。
二次鰓の色は体地色と同じ。
シロボンボンウミウシに似るがイボ状突起が大きくならない事で区別できる。
55mmに達する。

分布

西太平洋

和名

「奄美大島北部海域における後鰓類相の調査報告」にて提唱された。
References
  • 中野理枝(Rie Nakano)、朝倉知子(Tomoko Asakura)、池田 紫(Yukari Ikeda)、石川雅教(Masanori Ishikawa)、今本 淳(Jun Imamoto)、岩瀬南美(Minami Iwase)、西田和記(Kazuki Nishida)、堀江 諒(Makoto Horie)、山田久子(Hisako Yamada)、渡井久美(Kumi Watai) (2017/03) 奄美大島北部海域における後鰓類相の調査報告(A research report of Opisthobranchia (Mollusca: Gastropoda), in northern part of Amami-Oshima Island, Kagoshima, Japan), Kuroshio Biosphere, 13: 1-18, 6 pls.
  • Gymnodoris tuberculosa, Nudibranch and Sea Slug Identification Indo-Pacific, 2015 - Terrence Gosliner, Ángel Valdés and David Behrens


 style="