マダラウミウシ Dendrodoris fumata (Ruppell & Leuckart, 1831)

マダラウミウシ Dendrodoris fumata
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>崎本部ゴリラチョップ
Date
2014/04/14
Size
30mm
Depth
6.0m
Water temperature
22.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋、東太平洋

体地色は半透明の赤褐色や半透明の黄白色など変異が多い。
背面には暗色の斑紋が散在する。
外套膜周縁は薄く波打つ。
触角の色は体地色と同じかやや濃色になり先端が白い。
二次鰓は大きく色は体地色と同じ。
クロシタナシウミウシと同じとする研究者も居るが、ここでは別種として扱う。
異名が多く存在し混乱しているが、マダラウミウシをあてる。
100mmに達する。

観察地:南アフリカ、マダガスカル、タンザニア、クリスマス島、マレーシア、オーストラリア、ニューカレドニア、バヌアツ、シンガポール、韓国、日本、パラオ、ハワイ、北アメリカ、南アメリカ
References


 style="