ヤマトワグシウミウシ Baeolidia japonica Baba, 1933

ヤマトワグシウミウシ Baeolidia japonica
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>湾内
Date
2015/02/04
Size
8mm
Depth
3.0m
Water temperature
14.4℃
分布:西太平洋

体地色は半透明の褐色。
頭部から背面正中線上には幅広い黄白色の色帯が入る。
背側突起は3群から成り、太く短い。やや内側に巻く。
背側突起の内側には青白い斑紋が入り、先端は小さく尖る。
触角の色は体地色と同じで、多数の突起がある。
口触手は触手状で、黄白色の斑紋が入る。
12mmに達する。

観察地:パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本
Carmona L., Pola M., Gosliner T.M. & Cervera J.L. 2014. Review of Baeolidia, the largest genus of Aeolidiidae (Mollusca: Nudibranchia), with the description of five new species. Zootaxa, 3802 (4): 477
Carmona L., Pola M., Gosliner T.M. & Cervera J.L. 2014. Review of Baeolidia, the largest genus of Aeolidiidae (Mollusca: Nudibranchia), with the description of five new species. Zootaxa, 3802 (4): 477

References


 style="