フイリフサツノミノウミウシ Noumeaella rehderi Marcus, 1965

フイリフサツノミノウミウシ Noumeaella rehderi
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
フィリピン>ルソン諸島>アニラオ>シークレットガーデン
Date
2016/04/18
Size
10mm
Depth
14.0m
Water temperature
28.7℃
分布:インド洋、西大西洋、中部太平洋

体地色は半透明の白色から黄白色。
体表全体に白色から黄白色の斑紋が入る。
背側突起は内側に湾曲する。色は体地色と同じで、白色から黄白色の斑紋が入る。
中腸腺は褐色。
触角は後方にのみヒダ状突起がある。
口触手は平滑で長い。色は半透明の白色から黄白色で、白色の細点が入る。
学名読みはノウメアエッラ・レーダーイ。
体長12mmに達する。

観察地:マダガスカル、タンザニア、オーストラリア、パプアニューギニア、フィリピン、パラオ、日本、マーシャル諸島、ミッドウエー環礁、ハワイ


 style="