クロスジリュウグウウミウシ属の一種 6 Nembrotha sp. 6

クロスジリュウグウウミウシ属の一種 6 Nembrotha sp. 6
Photographed by
bighit2000 Manabu Kakegawa
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>門下
Date
2017/10/10
Size
5mm
Depth
12.0m
Water temperature
24.0℃
分布:西太平洋

体地色は褐色から黒褐色。
背面全体に皺のような縦筋が入る。
縦筋の一部が黄白色や橙色の小突起となる。
触角間と二次鰓の周辺に黄白色の斑紋がある。
触角鞘の基部や二次鰓の基部、腹足縁が青紫色を帯びる。
触角は褐色から橙色。
二次鰓は肛門を中心に3カ所から発生している。色は淡褐色から朱色。
Nembrotha livingstonei ネムブロータ・リビングストンイに似るが、体地色が緑色にならない事で区別できる。
体長60mmに達する。

観察地:パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本
References