ユキダマウミウシ Hiatodoris fellowsi (Kay & Young, 1969)

ユキダマウミウシ Hiatodoris fellowsi
Photographed by
名谷朋浩
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>底土(三又)
Date
2016/07/27
Size
40mm
Depth
15.0m
Water temperature
28.0℃
分布:中部太平洋、西太平洋、南太平洋

体地色は白色。
背面全体が微細な顆粒状突起で覆われる。
触角は白色で褶葉部が黒褐色。後側の縦方向には褶葉がなく、その部分は白色。
二次鰓は白色で軸の先端部分が黒褐色になる。
黄白色のカイメンを食べる。
白色の立体的な卵塊を産む。
2010年、外部(歯舌)形態により Peltodoris から本属に移された。
体長60mmに達する。

観察地:ハワイ、ニューカレドニア、日本
References


 style="