ムラクモウミウシ Discodoris cebuensis Bergh, 1877

ムラクモウミウシ Discodoris cebuensis
Photographed by
akihito iwakiri(oasis)
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>石切(安和)
Date
2019/04/10
Size
25mm
Depth
3.0m
Water temperature
23.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は黄褐色から茶褐色。
背面全体に粒状突起が密に入る。
外套膜最外周は体地色よりやや暗色で、その内側には灰黄色で囲まれた紫色の斑紋が並ぶ。
背面正中線は盛り上がり、そこにも灰黄色で囲まれた紫色の斑紋が並ぶ。
触角は茶褐色。
二次鰓は黄褐色。
Discodoris schmeltziana は異名。
40mmに達する。

観察地:南アフリカ、タンザニア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本、ハワイ
References