クロスジウミウシ Chromodoris sp. 6

クロスジウミウシ Chromodoris sp. 6
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>門下
Date
2014/10/27
Size
25mm
Depth
25.0m
Water temperature
21.9℃
分布:日本

体地色は白色。
体表のいたるところに青色の雲状班が入る。
外套膜最外周から橙色と白色の色帯で縁取られる。
背面には黒色の縦線が入る。この縦線の太さや数は変異がある。
触角の柄は白色で褶葉が橙色。
二次鰓は橙色。
40mmに達するとされる。
クロスジウミウシの学名はChromodoris burniとされている物が多いが、ここでは分けて登録をしておく
Baba, K.. 1949, Opisthobranchia of Sagami bay Glossodoris lineolata (van Hasselt) クロスジウミウシ(新称)
Baba, K.. 1949, Opisthobranchia of Sagami bay

References


 style="