ピコチシオウミウシ Aldisa pikokai Bertsch & Johnson, 1982

ピコチシオウミウシ Aldisa pikokai
Photographed by
小島 和子
Location
日本>沖縄>本島中部(西海岸)>砂辺No.2・カリフォルニアサイド
Date
2011/05/07
Size
20mm
Depth
20.0m
Water temperature
22.0℃
分布:中部太平洋、西太平洋

体地色は黄色から橙色、赤色と変異に富む。
背面全体に白色の細点が散在する。
また、背面は網目状の隆起線で覆われる。
背面正中線上にはクレーター状の窪みが3つ並ぶ。この窪みの中には暗色の小さな斑紋がある。
外套膜の周囲には灰白色の不定形な斑紋が放射状に入る。
触角の色は体地色と同じ。
二次鰓は赤色で白色の斑紋が入る。
学名読みはアルディサ・ピコカイ。
体長20mmに達する。

観察地:ハワイ、マーシャル諸島、日本
References