ユビワミノウミウシ Abronica purpureoanulata (Baba, 1961)

ユビワミノウミウシ Abronica purpureoanulata
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>門下
Date
2013/12/25
Size
10mm
Depth
4.0m
Water temperature
16.1℃
分布:西太平洋

体地色は半透明の白色。
体表全体に黄白色の斑点が散在する。
背側突起は細長い紡錘型で、半分から先にかけて黄白色、紫色、白色の色帯がある。
触角と口触手は平滑で長い。黄白色と紫色の色帯がが交互に入る。
15mmに達する。

観察地:パプアニューギニア、フィリピン、香港、日本
References


 style="