ラボウトウミウシ Verconia laboutei (Rudman, 1986)

ラボウトウミウシ Verconia laboutei
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>石切(安和)
Date
2013/06/05
Size
15mm
Depth
10.0m
Water temperature
25.0℃

特徴

体地色はレモンイエロー。
触角は褶葉部分が赤色。
二次鰓は半透明の赤色で、軸や縁の部分が赤色になる。
黄色のカイメンを食す。
原記載はニューカレドニア。
体長15mmに達する。

和名

「奄美大島北部海域における後鰓類相の調査報告」にて提唱された。

補足

Noumea シラユキウミウシ属からVerconia属に移された。
ゴスライナーらは背面に網目模様のある個体Verconia cf. labouteiとしており本種は未記載種としている。
References


 style="