クチワツガルウミウシ Trapania armilla Gosliner & Fahey, 2008

クチワツガルウミウシ Trapania armilla
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
インドネシア>ラジャアンパット>フリウィンボンダ島>フリーウィンボンダ・リーフ
Date
2016/01/14
Size
10mm
Depth
14.0m
Water temperature
28.1℃
分布:インドネシア

体地色は半透明の白色。
体表全体に白色の細点が密に覆う。
また、背面全体には低い突起が散在する。
触角は基部が半透明の白色で、褶葉が白色。先端は乳頭状に尖る。
二次鰓は白色。
口触手は短く、色は白色で、中央部分に暗褐色の輪がある。
体長7mmに達する。

種小名の「armilla」はラテン語でbraceletを意味する。口触手にある暗褐色の輪を表している。
References


 style="