ミナミヒロウミウシ Okenia nakamotoensis (Hamatani, 2001)

ミナミヒロウミウシ Okenia nakamotoensis
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
日本>静岡>大瀬崎>門下
Date
2022/01/08
Size
6mm
Depth
26.0m
Water temperature
16.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は紅色。
外套周縁部に5対の指状突起がある。
この突起の基部は黄白色。先端は丸みを帯び、紅色になる。
触角は紅色で長い。後方にのみヒダ状突起がある。
二次鰓は紅色。
アカイバラウミウシ Okenia kondoi に似るが、アカイバラウミウシは外套周縁部の突起が4対しかない。
Hopkinsia nakamotoensis は旧名。
体長20mmに達する。

観察地:日本、コモロ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、マーシャル諸島