ベニゴマリュウグウウミウシ Nembrotha sp. 1

ベニゴマリュウグウウミウシ Nembrotha sp. 1
Photographed by
ウミウシハンターズ 池田雄吾
Location
日本>三浦半島>城ヶ島>岩骨
Date
2021/07/18
Size
15mm
Depth
17.0m
Water temperature
22.0℃

特徴

体地色は赤褐色。
背面全体に橙赤色のイボ状突起がある。
触角間と鰓幹部に白色の斑紋が入るものも見られる。
触角鞘はイボ状突起と同色で、褶葉部分は体地色より暗色になる。
二次鰓は体地色と同色で鰓葉の部分が暗色になる。
50mmに達する。

分布

フィリピン、日本

補足

Pola M., Cervera J.L. & Gosliner T.M. (2008) にて、Nembrotha yonowae Goethel & Debelius, 1992である可能性が示されているが、さらなる調査が必要とされている。
Nembrotha guttataNembrotha yonowaeの異名。
Pola M., Cervera J.L. & Gosliner T.M. (2008) Revision of the Indo-Pacific genus Nembrotha (Nudibranchia: Dorididae: Polyceridae), with a description of two new species. Scientia Marina 72(1):145-183. D, Nembrotha sp. specimen from Philippines (WAM S11557).
Pola M., Cervera J.L. & Gosliner T.M. (2008) Revision of the Indo-Pacific genus Nembrotha (Nudibranchia: Dorididae: Polyceridae), with a description of two new species. Scientia Marina 72(1):145-183.

References