キホシミガキブドウガイ Haminoea ovalis Pease, 1868

キホシミガキブドウガイ Haminoea ovalis
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>沖縄>本島南部>シオザキアウトコーラル
Date
2018/06/04
Size
10mm
Depth
6.0m
Water temperature
25.0℃
分布:西太平洋、中部太平洋、東太平洋

体地色は半透明の若菜色。
体表全体に橙色の円斑が散在する。この円斑は大きいものほど白色の色帯で縁取られる傾向にある。
頭楯や側足に紫色の斑紋が入るものも見られる。
学名読みはハミノエア・オワリス。
殻長10mmに達する。

観察地:オーストラリア、パプアニューギニア、フィリピン、サモア、日本、グアム、ハワイ、コスタリカ
References


Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacific