アオミノウミウシ Glaucus atlanticus Forster, 1777

アオミノウミウシ Glaucus atlanticus
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>ナズマド
Date
2017/05/31
Size
20mm
Depth
0.0m
Water temperature
25.0℃

特徴

体地色は濃い青色。
背側突起は3群からなり、それぞれから細長い突起が分岐する。
触角は平滑で短い。
生涯を水面に浮遊して過ごす。
カツオノエボシやギンカクラゲに付き、これを捕食する。
捕食の際に刺胞を自分の体内に無傷で取り込み、それを体表に置くことで自身の防御に用いる。
学名読みはグラウクゥス・アトランティクス。
体長50mmに達する。

分布

熱帯・亜熱帯の大西洋、インド洋、太平洋に広く分布する
References


 style="