タマノミドリガイ Berthelinia limax (Kawaguti & Baba, 1959)

タマノミドリガイ Berthelinia limax
Photographed by
KIMOTO Nobuhiko
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>底土(三又)
Date
Size
6mm
Depth
5.0m
Water temperature
22.0℃

特徴

Berthelinia schlumbergeri は化石から見つかった種。
多くの種は殻の形態のわずかな変化しかないためすべて同種と考えると最古の学名が適用される

分布

日本

補足

Tamanovalva limax Kawaguti & Baba, 1959 とする研究者もいる。
南方系を アマミミドリガイ Berthelinia pseudochloris Kay, 1964a とする研究者もいるが、文献を確認できていないこと、B. pseudochloris はハワイで記載された種であることなどから保留する。
References