コバンウミウシ Asteronotus cespitosus (van Hasselt, 1824)

コバンウミウシ Asteronotus cespitosus
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
インドネシア>ラジャアンパット>アルボレック島>アルボレック ジェティ
Date
2016/01/12
Size
250mm
Depth
2.0m
Water temperature
28.4℃
分布:西インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は赤褐色、黄褐色、茶褐色、灰色など変化に富む。
外套膜最外周は体地色よりもやや明るめの黄褐色などになるものが多い。
背面正中線には1本の隆起線があり、その周囲には大きなコブ状突起がある。
外套膜周縁部にも細長い突起があるが、背面を中心に同心円状に配列される。
これらの突起の色は体地色と同じか、やや明るめになる。
触角はコブ状突起の色と同じか暗褐色。
二次鰓は褐色から暗褐色。
体長400mmに達する。

観察地:タンザニア、マダガスカル、セーシェル、モーリシャス、オーストラリア、インドネシア、パプアニューギニア、フィリピン、日本、ハワイ


 style="