フチベニイロウミウシ Ardeadoris averni (Rudman, 1985)

フチベニイロウミウシ Ardeadoris averni
Photographed by
世界のポ✴︎ポンプ
Location
日本>紀伊半島>九鬼>中鼻NO2
Date
2020/07/16
Size
20mm
Depth
25.0m
Water temperature
18.7℃
分布:西太平洋

体地色は乳白色。
外套膜周縁部は赤色から淡黄色で縁取られ、その内側に白色の色帯がある。
外套膜周縁は大きく波打ち、特に中央部分では大きく内側に寄る。
触角と二次鰓は外套膜周縁部の色と同じか、やや濃くなる。
触角の茎は体地色と同じで、触角の前後には白色の細い縦線がある。
Glossodoris イロウミウシ属からArdeadoris アルデアドーリス属に移動された。
学名読みはアルデアドーリス・エイヴァーンイ。
74mmに達する。

観察地:オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本
References