アミメタマゴガイ Roxaniella multistriata (Schepman, 1913)

アミメタマゴガイ Roxaniella multistriata
Photographed by
黒田貴司
Location
日本>沖縄>本島北部(大浦湾)>二見
Date
2017/01/08
Size
8mm
Depth
2.0m
Water temperature
24.0℃

特徴

軟体部は半透明の灰色。
体表全体に白色の細点が入る。
貝殻は光沢のある半透明の白色。
貝殻を包む軟体部には、褐色の斑紋が散在する。
砂地に棲み、砂に潜る。
殻長10mmに達する。

分布

インド洋、西太平洋、中部太平洋、南大西洋

和名

「奄美大島北部海域における後鰓類相の調査報告」にて提唱された。
References


ダイビングショップ ウミウシハンターズ 新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック) (日本語) Nudibranch & Sea Slug Identification - Indo-pacific