スギノハウミウシ Dendronotus primorjensis Martynov, Sanamyan & Korshunova, 2015

スギノハウミウシ Dendronotus primorjensis
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
日本>北陸>親不知>パーク前ビーチ
Date
2019/05/01
Size
5mm
Depth
5.0m
Water temperature
12.0℃

特徴

体地色は赤褐色、褐色、淡褐色と変異に富む。
体表全体に暗色斑や白色の細点が入る。
外套縁と口幕前縁には樹枝状の突起がある。
触角鞘も分岐し樹枝状となる。
体長100mmに達する。

分布

日本、ロシア

種小名

ロシアの沿海地方(プリモルスキー地方)Primorjenに因む

和名

Baba, K. 1957 にて、Dendronotus frondosus (Ascanius) Suginoha-umiushi Loc.: Off Muroran, 150 fms; Onagawa. Dist.: N. At!.; N. Pac. (Vancouver I.; Bering). と記載がある
宮城県女川から日本初記録を報告したため和名としてオナガワスギノハウミウシが提唱された(2018)が1957にすでに報告があるものと思われる

補足

Dendronotus frondosus (Ascanius, 1774) はノルウェー海およびバレンツ海の種とされ分けられた
References