ウララカミノウミウシ Trinchesia sp.23

ウララカミノウミウシ Trinchesia sp.23
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>門下
Date
2017/12/22
Size
6mm
Depth
20.0m
Water temperature
16.6℃
分布:日本からのみ知られる

体地色は半透明の褐色。
背面は白色で、周縁部は薄い青紫色。
背側突起はクリーム色で、先端は薄い青紫色。
触角は平滑で長い。基部から半分ほどが体地色と同じ色で、先端は赤色。中間付近に白色の斑紋が入る。
口触手はやや赤味を帯びる。
和名の由来は、色合いが麗らかな春を想起させることから。
体長7mmに達する。

観察地:日本


 style="