ハナムスメウミウシ Thorunna sp. 4

ハナムスメウミウシ Thorunna sp. 4
Photographed by
今川郁
Location
日本>沖縄>本島中部(西海岸)>砂辺No.1
Date
2012/06/27
Size
8mm
Depth
8.0m
Water temperature
26.0℃
分布:日本からのみ知られる

体地色は黄白色。
外套膜最外周は途切れがちな橙赤色の線で囲まれる。
背面には白色の縦線が入るが、これも斜走したり途切れたりと乱れがち。
体表全体に輪郭のぼたけた紫色の斑紋が入る。
頭部と尾部には白色の細点が入る。
触角の色は体地色と同じで、橙赤色の斑紋が入る。
二次鰓は橙赤色で、先端が白色になる。
体は硬い。
イロウミウシ科の一種とされてきたが、Thorunna シノビイロウミウシ属になった。
体長10mmに達する。

観察地:日本
References


 style="