ジュッテンイロウミウシ Thorunna australis (Risbec, 1928)

ジュッテンイロウミウシ Thorunna australis
Photographed by
natanitomohiro 名谷朋浩 [ 8mm 20.0m 2017/10/17 ]
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>バトゥニティ
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は撫子色。
触角の左右から二次鰓の左右を抜けて後方まで白色の縦線が2本入る。この白色の線は前後で交わる事がない。
この白色線の外側には赤色の細点が並び、白色線の途切れた前方と後方には白色の細点と紫色の輪郭のぼやけた斑紋が散在する。
触角は白色で中央部分に橙色の輪が1つある。二次鰓も白色で中ほどが橙色に染まる。
15mmに達する。

観察地:南アフリカ、クリスマス島、ニューカレドニア、パプアニューギニア、インドネシア、グアム、フィリピン、日本、マーシャル諸島