ミズタマウミウシ Thecacera pennigera (Montagu, 1815)

ミズタマウミウシ Thecacera pennigera
Photographed by
野崎 真美
Location
日本>神奈川>宮川湾>トビ根
Date
2018/04/24
Size
10mm
Depth
15.0m
Water temperature
16.0℃
分布:南太平洋、西太平洋、大西洋、地中海

体地色は半透明の白色。
体表全体に黒色と黄色の斑紋が入る。
触角は半透明の白色で、触角鞘の縁が黄色になる。
二次鰓は半透明の白色で、黄色の斑紋が入る。
二次鰓の横にある指状突起の先端は白色。
黄色の斑紋が橙色になるものも見られる。
体長30mmに達する。

観察地:ニュージーランド、韓国、日本、アメリカ、イスラエル

和名は、 Baba, K. 1960. The genera Polycera, Palio, Greilada and Thecacera from Japan (Nudibranchia - Polyceridae). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory 8(1):75-78, pl. 6.[N] にて提唱された。
Baba, K. 1960. The genera Polycera, Palio, Greilada and Thecacera from Japan (Nudibranchia - Polyceridae). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory 8(1):75-78, pl. 6.[N]
Baba, K. 1960. The genera Polycera, Palio, Greilada and Thecacera from Japan (Nudibranchia - Polyceridae). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory 8(1):75-78, pl. 6.[N]

References