ミドリリュウグウウミウシ Tambja morosa (Bergh, 1877)

ミドリリュウグウウミウシ Tambja morosa
Photographed by
いけぷ(likkle more)
Location
日本>薩南諸島>奄美大島>サンドパラダイス
Date
2021/02/07
Size
25mm
Depth
19.0m
Water temperature
20.0℃

特徴

体地色は黒色から暗緑色、稀に青色の強い個体や色素が抜けて半透明になるものも居る。
頭幕の縁や側足の縁が青色になる。背面に青色の不定型な斑紋の入る個体も見られる。
触角と二次鰓は体地色と同色。二次鰓の軸の外側が青色や淡緑色になるものも居る。
イシガキリュウグウウミウシに捕食される。
アオスジリュウグウウミウシは異名。
100mmに達する。

分布

南アフリカ、タンザニア、ニュージーランド、オーストラリア、バヌアツ、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、タイ、台湾、日本、グアム、ハワイ

和名

緑色の体色を有する日本産ニシキリュウグウウミウシ属 2新種 にて提唱された(Tambja kushimotoensis Baba, 1987)

補足


References


ダイビングショップ ウミウシハンターズ 新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック) (日本語) Nudibranch & Sea Slug Identification - Indo-pacific