ヒメミドリアメフラシ Stylocheilus longicauda (Quoy & Gaimard, 1825)

ヒメミドリアメフラシ Stylocheilus longicauda
Photographed by
Manabu Kakegawa
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>沈船ポイント(リバティー)
Date
2017/11/08
Size
12mm
Depth
18.0m
Water temperature
28.0℃

特徴

体色は明るい黄色、もしくは緑色
橙色で縁取られている青い水玉模様がある
体には、白い乳頭状突起が散在する

分布

インド洋 、環太平洋

種小名

longicaudaはlong tailを意味し、尾が長い様子を表している。

補足

過去にStylocheilus longicaudaという学名は、クロスジアメフラシ Stylocheilus striatusに使用されていたが、縦線や水玉模様の違いにより分けられた
References


 style="